ユキナのミュゼ脇脱毛体験レポート!

初めまして!
ミュゼのグラン仙台駅前店でワキ脱毛しているユキナです。

 

親からの遺伝で、ワタシとっても剛毛なんですが、そんなワタシでも
脱毛効果はあったのか?痛みはどうだった?などなど

 

脱毛に関して不安(恐怖)を抱えている人へのアドバイスになれば幸いです。


 

 

 

通おうと思った動機

日本で脱毛サロンって、一体いくつくらいあるのでしょうか。
脱毛をしよう!と思い立っても、サロンがあり過ぎて正直どう選べばいいのかわからないですよね。
わたしはまず、安さからいくつか絞り、その後安心感と、通い放題か否かで選びました。

 

今回のワキという部位は、どのサロンでも力を入れてより安さを追求している部分だと思います。
安物買いの銭失いという言葉もありますので、そこであえて安心感も合わせて考えました。


 

私が施術を始めたとき、ミュゼのワキ脱毛が980円でした。
ミュゼ以外のサロンではもっと安いところもありましたが、安すぎるとどうしても不安になりますよね。

 

加えて、私の周りの脱毛体験者の8割がミュゼだったことから、これは100%信頼できる!と思いミュゼにしました。
やっぱり体験者の声を直に聞くと、安心感がうまれます。

 

値段に関して更にいうと、今はもう300円を切っているらしいじゃないですか(笑)。
これはちょっと安すぎかなあと思いますが、キャンペーン中ということで、
コースの内容としては私と同じでワキ部分何度でも通い放題なので、
自分の納得のいくまで脱毛が行えると思います。

 

通い放題という部分、大事だと思います。
安い!と思っても、6回コースなど回数制限がある場合もあり、コースを選ぶ際は気を付けるポイントですね。

 

あと、これは余談ですが、ミュゼは全店舗で施術可能だそうでグラン仙台駅前店が私の主な通う場所ですが、
仙台一番町店にも、さらには東京の店舗でも予約して通う事が可能だそうですので、
出張や引っ越しなどをしても通い続けられる点でも安心感がありますね。

 

 

通う前の不安点

新しいことをはじめるのに勇気がたくさんいります。
なぜそんなに勇気が必要なのか。
不安な事がたくさんあるからです。
わからないというのはそのまま不安に直結します。

 

私が脱毛をはじめる前に不安だったことは、勧誘が断れるか・痛くないのか・効果はあるのか・どのくらいの期間を考えなければいけないのか・他の部位もやりたくならないかということでした。

 

はじめの四つについては他のところで述べた通りなのでここで新しく言う事はとくにありません。
しいて言えば痛みに関して、カミソリ負けをする私がフラッシュ光なんて平気なのか?という点。

 

そもそもカミソリを使用するのがよくないらしく、初回のカウンセリングの際に電気シェーバーを勧められてから
シェーバー愛用者になって、カミソリ負けをすることもなくなりました。

 

先ほども述べたように痛みもさほど感じなかったので、その点は大丈夫だったと思います。

 

次に他の部位もやりたくならないか、ですが、やはりやりたくなりました(笑)。
だって効果が目に見えてわかるんですもん!
やっぱり腕も足も毛を無くしたいですね〜。

 

今回はワキの脱毛という最もリーズナブルな部位なので、
やはり腕や足などの広範囲な部分になるとお値段も高くなります。

 

サロンによっても変わりますし、色々なコースがあるので、金額も具体的に相談すると
スタッフの方が色々教えてくれるので、相談するのが一番かなあと思います。

 

 

勧誘はあった?なかった?

洋服屋さんで「わ〜お客様このお洋服お似合いですね〜」
スーパーの試食コーナーで「どうです?おいしいでしょう?おひとついかがですか?今晩の夕飯の主役間違いなしですよ〜」
これらの勧誘、はっきりすっぱり「いりません!!!」と断る自信がありますか?
私は正直、あまり断ることが得意ではありません。

 

昔はよく、脱毛サロンでも勧誘がひどくて思ったより高いコースも一緒に頼んでしまった・・とか、
いらないオプションを付けてしまった・・とかも聞きました。

 

ミュゼに通う前も色々ネットや友人を頼りにリサーチしてる時に、勧誘の可能性についての情報を手に入れました。
ネットでは「一切勧誘はなし!」というものがほとんど。
友人の話では、「他のも勧められるけど、絶対にやらなければいけない雰囲気ではない」とのこと。

 

実際のところ、どこからを「勧誘」というのかによって、
「一切」ないのかあるのかの判断が分かれると思います。

 

私は正直、「勧誘はある」と言ってもいいと思います。

 

ただ、想像するような強制的・圧迫面接的な迫られているものでは全くありませんでした。
施術前に個人に合わせてコース選択をするのですが、その際に他に気になる部分があるとこちら側が答えれば、その部分を考慮した脱毛コースを提示される、という感じでした。

 

「脱毛するなら早い方がいい」「セットだとお得な料金だから、あとからやるより今一緒に脱毛を始めた方がいい」とは言われますが、
こちらが「いりません」と一言言えばそれ以上の勧誘はありませんでした。
はっきりいう事が大事ですね。

 

 

サロンの雰囲気はどうだった?

はっきり言って私はお金持ちではありませんので、エステサロンには一度も足を踏み入れたことはありません。

 

なんというか、サロン=マダムというイメージだったので、大人の仲間入りという感じがして緊張しましたが、
いざ入ってみるとグラン仙台駅前店には同年代の女性が非常に多く、
「おこちゃまがくるところではなくってよ!」という疎外感はまったくありませんでした(笑)。

 

内装は、清潔感溢れる白と青色で統一されていて、お店の方の立ち振る舞い、
お化粧、髪型なども、統一感があり「美の象徴」という感じがしました。

 

店内にはリラックスできるように自然のBGMのような小鳥のさえずりなどが流れているときもあり、
緊張していた自分が嘘のようにリラックスできる空間でした。

 

私の友人曰く、「普通のエステサロンだとやっぱり学生には手がでないから、
脱毛サロンに通う事で、安いお金で贅沢な気分を味わうという人もいる」らしいです。

 

確かに、「なんか自分の美に気を使っているって、すごくオトナな気分〜」という気分になって、
非常にリーズナブルにマダム気分を味わえましたよ(笑)。
しかも気になる部分の脱毛もできるわけで・・。

 

いいこと尽くしですね!
初めに想像していた入りづらさはまったくといっていいほどありませんでした。
杞憂でしたね。むしろ行くとリラックスできる素敵な場所だと私は思います。

 

 

スタッフのスキルはどうだった?

スタッフごとの技術力の差は私には感じられませんでした。

 

というのも、脱毛の手順はまず個人で毛を剃ってから店に向かいます。
赤みを帯びている部分をお店の人が見つけたらその部分をガーゼで覆い、レーザーが当たらないようにします。

 

それ以外の部分を施術することになるのですが、その範囲全体にジェル状の薬品を塗り、施術スタートです。
施術と言っても、レーザーをピッと当てているだけ。

 

被施術者はレーザーが目に当たらないようにガーゼとメガネで目を保護されるため、施術シーンが詳しくはわからないのですが、
音を聞いたりする分には、非常に簡単そうな操作で施術できると感じてしまいますので、
スタッフ間の差はそこまで生まれないのではないかなあというのが正直な考えですね。

 

あとはトークスキルもスタッフに求められている気がします。
先ほども述べたように、被施術者はいわば目隠し状態なので、
せっかくのリラックスもまた緊張に変わってしまう恐れがあります。
その際に重要なのが、気を逸らしてくれるためのスタッフのトークスキル。

 

私の印象に残っている人は、私のセルフネイルを褒めてくれた人ですね〜。
「今日はこの後どうするんですか〜?」というものより、
「ネイル可愛い!!ご自分でされたのですか?」と褒められる方が、気分がいいと思いません?

 

その一言で施術中はずっとネイルの話になり、いつの間にかその日の施術は終了していました。
あの時は一番楽しかったですね。

 

 

痛みはあった?なかった?

日常生活で自分の体にフラッシュ光を当てる事って、あまり、というかほとんどないですよね。
このように、想像が難しいものって、恐怖感をどうしても感じてしまうと思います。
しかも普通に自分で毛を抜いたことがある人なら、あの一瞬の痛みを知っているわけだから、
脱毛となるとどれほど痛いのだろう・・と不安になる人がほとんどではないでしょうか。
わたしもそのうちの一人でした。

 

実際は、またこれも杞憂でした。
痛みはあります。が、自分で毛を抜いたとき以上に痛いということはありませんでした。

 

注射の痛みと比べると、脱毛の痛みは無いといってもいいほどです。
でも、全く無いわけではないですね。

 

他のサロンだと別の脱毛機を使っているところもあるので、痛みの度合いはサロンによって違うと思いますが、
我慢できないところは絶対にないと思います。

 

爪楊枝でちょんっと腕をつつくのを我慢できない人がいますか。
脱毛はそれくらいの痛みでしかないと思います。

 

更にいうと、毛が濃く、毛根が強い時が一番痛いらしく、
つまりこれは初回の施術の時が痛みがMAXであるという事です。

 

一度受けると、「なんだ、こんなものか。」と絶対思うはずです。
しかもこの後どんどん痛みが小さくなっていくのだから初めに行く勇気さえでればあとはもうなんの恐怖心もいりませんよね。

 

脱毛したいけど痛いのが怖いな〜という人は、爪楊枝でぜひ試してみてください。
悩んでることがバカバカしくなってくるはずです!

 

 

予約は取りやすかったか?

女性なら誰でもすべすべの肌に憧れるものです。
毛が濃いという、いや〜な父の特徴をうまい事受け継いでしまった私は、
夏に堂々とタンクトップになることができませんでした。

 

その原因は、もちろん「わき毛」。
わき毛に苦しまない女性は、日本にいるのでしょうか??
多分誰しも一度は、「なんでこんなところに生えてるの!!」とイライラしたことがあるはずです。

 

そんな私も、義務教育が終了し、アルバイトで自由なお金を手にすることができるようになってからは、
その稼いだお金の大半を自らの美の追求のために費やしてきました。
そしてついに、脱毛サロン「ミュゼプラチナム」に入会することに。

 

脱毛は、前回の処置から2か月以上の期間が空かないと次の予約が取れません。
つまり、2か月おきにミュゼに通うのが理想的かつ最も素早く効果が得られるペースといっていいでしょう。

 

2か月に1度なので、1年で6回ですね。
さて現実は・・・私、実は丁度1年通うことになるのですが、まだ5回しか行けていません。

 

私の通う店舗は宮城県仙台市のグラン仙台駅前店ですが、
やはり学生の住む町「学都せんだい」と言われるだけあり、利用者が多いのでしょうか。

 

毎度「一番早い日付で!」とオーダーするにもかかわらず、
2か月後きっちりに入れたことは一度もありません。

 

ただ、3か月以上は待ったことは一度もないので、ある程度平日や時間に融通の効く人であれば、
予約が取りにくいといった印象は受けないはずですよ。

 

私はこのペースでも十分満足しています。

 

 

効果はあった?なかった?

単刀直入にいって、脱毛の効果ははっきりとあります!!
これは、あるとしか言えません。

 

一つ注意点としていうならば、ミュゼの方からも初めに言われることですが、「個人差がある。」ということですね。
はじめも言った通り、私はとても毛が濃いのですが、まあつまり髪の毛も太く濃いのです。

 

わき毛の方の施術前後の様子は、髪の毛から産毛くらいの違いがあります。
私はまだ一年なので全体的に毛は生えていますが、確実に薄くなっている事が分かります。

 

あともう一年も通うとだいぶ生えない毛も増えてくるのではないかと思います。
この部分が個人差で、私ほど濃くない人はもちろん既に生えてこなくなったりしている人もいると思います。

 

友人は毛が薄いわけではないけれど、3回目で既に大部分が生えてこなくなったとか。
逆に、私よりも効果が表れるのが遅い人だっているはずです。

 

どの程度のスピードで毛が薄くなり、生えなくなるのかは、
やはり個人差によって数か月から年単位での違いが出るのではないかと私は思います。
しかし確実に効果はあります。

 

私の場合は一回目の施術から、約二週間ほどして毛が生えなくなり、
その二週間後から普通にまた生えてくるけど以前とは毛質が違い若干細くなっていました。
二回目、三回目・・・と同様のサイクルですね。

 

施術の度に毛質がどんどん弱弱しくなっています(笑)。

 

こうしていずれ生えてこなくなるのだろうなあと思いながら通い続けている最中です。

 

関連ページ

ミュゼvio脱毛の痛みにあなたは何秒耐えられる?【読んではいけない体験レポ】
ミュゼのハイジニーナ脱毛は痛いと聞きますが、実際のところどうなのでしょうか?ミュゼのVIOを体験した方のレポートをお届けします。
ミュゼ新宿の口コミ体験レビュー!
ミュゼ新宿で脱毛しました。体験レビューとしてまとめてみます。
ミュゼ【脇+VIO脱毛】体験レポート!
ミュゼでV・I・Oをさらけ出すことが、ものすごく恥ずかしかったですが、思い切って脱毛してよかったと思っています。そんな私の体験レポートを読んで下さい。
ミュゼ山形店の口コミ体験レビュー!
ミュゼ山形店の口コミはどうよ?効果はあった?自ら体験してきたミュゼ山形店の体験レポートをお届けします。
ミュゼの背中脱毛口コミ体験レポート!
ミュゼで背中の脱毛をしましたので、その体験談を口コミレビューします。
未成年でも通えた!ミュゼの脇脱毛体験レポート!
ミュゼに通い始めた当時未成年だった私が脇脱毛完了コースを体験しています。効果はあったのか?痛みはあったのか?などの感想を綴ります。
ミュゼのハイジニーナ7を口コミ体験レビューします!
ミュゼのハイジニーナ7を契約して実際に受けてきた体験レポートを記します。ハイジニーナ7の効果などを中心にお伝え出来たらと思っています。

このページの先頭へ戻る