ミュゼのハイジニーナ7体験レポート!

はじめまして。OLのCHIKAです。
最初はワキ・Vライン完了コースで始め、途中からハイジニーナ7へ移行しました!

  • コースを変更した理由や変更手続
  • ミュゼハイジニーナ7の効果や痛み
  • ミュゼで予約をラクに取る裏技

など、レポートにまとめてみました。
ミュゼでハイジニーナ7を考えている人は参考にしてくださいね♪


 

 

話題のハイジニーナコースをミュゼで契約してきました

ミュゼで、今話題のハイジニーナ(VIO)コースを先日契約してきました。
最初に契約していたのはワキ・Vライン完了コースだったのですが、カウンセリングの中でお店の方とお話している中でVIOラインのお手入れの話を伺いました。

 

正直その段階ではほとんど興味がありませんでした。
Vラインに関しては夏場マリンスポーツをしているので、水着を着るときのお手入れを楽にしたかったのですが、IラインやOラインまでは考えられないし恥ずかしい、というイメージしかなかったのです。

 

 

最初のカウンセリングではお店の方から
「VラインをされるならIラインとかOラインもおススメですよ。夏場の蒸れとか生理中もすごく楽なんですよ」
と言われてちょっと興味が出てきてはみたものの、特にしつこい勧誘もなく終わりました。

 

そして2回ほどワキとVラインのお手入れに通っていたのですが、私はとても効果が出やすいタイプなのか、
2回で確実に毛が生えてくるスピードが遅くなり、さらに毛が細くなってきました。

 

その証拠にVラインを見てみると、お手入れをしてもらっているVラインとその間の
いわゆるトライアングルゾーンとの境目がハッキリしているのです。

 

日々その境目を見ているうちに、この濃い部分も手入れしたら薄くなるのだろうか?
という興味が急激に湧いてきました。

 

そこで3回目のお手入れに表参道店へ行った時に思い切って
ハイジニーナ7というコースを追加で申し込んできました。

 

このコースはただVIOラインだけのお手入れをするのでなく、
トライングル上・下・へそ下・Vライン上といった、要は前部分のおへそから下は全部対象となるコースです。
回数はとりあえず様子見ということで4回にしておきました。

 

またハイジニーナコースを契約するとワキ・Vラインの完了コースがセットでついてきます。
私はすでに契約していたのですが、すでに支払い済みの完了コース分をキャッシュバックしてもらえました。
お金については納得・安心。俄然お手入れが楽しみになってきました。

 

 

ハイジニーナ7とは

ミュゼプラチナムのハイジニーナコースは、ハイジニーナ7という名の通り、
VIOラインだけでなくVIOを含む7か所をお手入れするコースです。

 

おへその下からVIOライン全部になるので、面積にしてもかなり広い範囲になります。
さらに4回以上のお手入れを契約すればワキとVラインの完了コースは無料でついてくるのでかなりお得です。
他のサロンではここまで広範囲のハイジニーナコースは見かけません。

 

そうは言っても契約した時、メインに考えていたのはやはりVIOラインだったので、
それ以外のトライアングルゾーン上・下やへそ下、Vラインの上は
やってもらえるならついでに、といったくらいにしか考えていませんでした。

 

ムダ毛も少し濃いめの産毛のような毛が生えてはいたものの、
優先してお手入れしようと思うほど気にはなっていませんでした。

 

お手入れ当日はVIOラインのことばかり気になっていたので、
「ああ、そういえば」という感じで他の部分のお手入れをしてもらって終わりました。

 

お手入れから数日後、お風呂あがりにふと鏡で身体を見てみると、そのへそ下部分に目がとまりました。
すごくキレイに見えるのです。
毛がない分全体に肌が明るく、キレイに見えることが分かりました。

 

考えてみればへそ下の部分というのは、水着や下着を着ていても表に出る部分だし、
服によっては何かの拍子にチラッと見える可能性のあるところなんです。
チラッとおなかが見えた時に毛がワサワサとしているよりは、つるつるした肌の方がいいのは当然です。

 

それでもハイジニーナ7でお手入れ箇所に含まれていなかったら、
なかなか手が回らない箇所だったかもしれません。
VIOラインのついでにお手入れできてよかったなぁと実感しています。

 

 

ハイジニーナを受けるときに心配なこと

ハイジニーナを脱毛しているというのはあまりおおっぴらに話すことではありませんが、
友人同士などで話していても、ハイジニーナのお手入れに興味のある人は少なくありません。

 

そんな時必ずと言っていいほど皆さん心配することがあります。
それは「痛みはあるのか?」

 

私自身ハイジニーナのお手入れを決断する時にいろいろ調べていましたが、
その中でよく言われていたのは、Iラインは痛いということでした。
皮膚が薄くてデリケートなところである分、すべての脱毛箇所の中でIラインが一番痛いというのです。それを知って私も正直びびってしまいました。


 

ですが実際経験してみると、ほとんど痛くありませんでした。
もちろんこれは個人差のあることだと思いますが、私はVIOすべて、ほとんど痛く感じませんでした。

 

よく脱毛の痛みを「輪ゴムで弾いたようなパチンとした痛み」と例えますが、私はそれよりもラクでした。
ぐっすり眠っていたら気づかないくらいの感覚です。

 

別の脱毛サロンで実はひざ下もお手入れしているのですが、正直そっちの方がよっぽど痛かったです。機械によっても痛みの度合いは違うと思います。
ひょっとすると私にはミュゼの機械は合っていたのかもしれません。


 

お手入れ中にお店の人とお話していたら、その方は高校生の時にハイジニーナのお手入れをしたらしいのですが、
その時は飛び上がるほど痛かったと言っていました。
その方はとても毛が濃かったから痛かったのかもしれないという話でした。
毛が濃い方が痛みを感じやすいというのはあるようです。

 

かといって私の毛が濃いかどうかは自分では分かりません。
何しろ場所が場所なので、他の人と比べられませんから。そこで「私は濃い方なんですかね?」と聞いてみたら
「いや、濃くはないですよ」と言われました。
だから痛みがほとんどないのかもしれません。

 

痛みがあるかどうか気になる方は自分の毛の濃さで判断してみるといいかもしれません。

 

 

ハイジニーナの事前処理について

ハイジニーナ7のお手入れをミュゼプラチナム渋谷アネックス店で初めて受けてきました。
お手入れ箇所が箇所だけに2,3日前の事前処理からドキドキ。

 

契約の時に「Iラインと特にヒップ奥(Oライン)に関しては見えないところですから無理に自己処理しないで大丈夫ですよ」と言われていました。

 

そうは言うもののVライン以外は今までにまともに手入れをしたことがないところです。
少しはやっておかないとと思い、まずは伸びきった毛をハサミで短くカット。

 

ここまでは簡単です。


 

残った短い毛をカミソリで剃ろうと試みましたがよく見えないうえに怖い。
特に利き手で届かない側はほとんど剃れない。

 

ちょっと剃ってIラインの処理はやめました。
ちなみにヒップ奥は見えないしよく手が届かないので最初から自己処理は諦めました。

 

前のトライアングルゾーンについてはお店の方から「好きな形に残すことができますよ」と言われていました。
四角くしたり角を取って丸くしたり、逆三角形にするのが一般的らしいですが、
中にはハート型にする方もいるそうです。
もちろん全部なくすことも可能と言われました。

 

 

好きな形にと言われても、正直どんな形がいいのか分かりません。
四角にしたら海苔を貼ったみたいに見えないか?あんまり奇抜な形にしても…
などと契約してからお手入れまでの間ずっと考えましたが、出した結果は「とりあえず全部なくす」でした。

 

ハイジニーナのお手入れをする方はすべて毛をなくしてつるつるにすることを目的とするばかりでなく、
毛量を減らしたり細くして全体に薄くするのを目的としている人も多いのだそう。

 

「何回かは全部処理して、全体に薄くなってきてからお好みの形や大きさに整えるって方法もありますよ」と
お店の方に言われたので、ひとまず私はそれを選択して、トライアングルゾーンもVラインと一緒にすべて剃ってしまって、
一回目のお手入れに臨みました。

 

 

ハイジニーナで気をつけるべきこと

ミュゼプラチナムの渋谷アネックス店でハイジニーナ7の一回目を受けてきました。

 

事前処理について、「Iラインと特にヒップ奥(Oライン)は事前処理が難しいので、
無理にしなくても大丈夫です」と言われていました。

 

実際シェーバーで処理するには毛が長いのでハサミで短くして、T字カミソリで剃ってみました。
しかし見えにくい箇所であるうえ皮膚が柔らかいのでなかなかうまくいきません。
そして非常に間抜けな格好です。

 

途中であきらめて、いちおうIラインだけは中途半端ではあるものの、
事前処理はしたと分かる程度に処理して行きました。

 

そして実際のお手入れに入るわけですが、事前処理した部分についてお店の方に言われてしまいました。
「毛穴のところに赤みが出てしまっているので、この部分は避けてお手入れしますね」

 

カミソリで剃ったところの一部が刺激で赤くなってしまっていたのです。

 

お店の人いわく、前日の処理でも剃った後に保湿クリームを塗ったり
冷やしてあげることによって赤みを抑えることができるのだそう。

 

後処理なんて何もしていませんでした。
見てみると毛穴がぷつぷつと赤くなっているところがあります。
特にIラインは皮膚が柔らかいので、カミソリで少しこするだけでも荒れやすいのです。

 

「普段保湿クリームとか塗ってますか?」
と聞かれましたが、さすがにこんなところにまで保湿クリームなんて塗っていませんでした。

 

ですがやはりデリケートゾーンと呼ばれる通り、
普段から保湿クリームなどでスキンケアをしてあげた方がいいと教えてもらいました。

 

結局その部分は白いシールのようなものを貼って、
レーザーが当たらないように保護をした状態でお手入れをしました。

 

レーザーが当たらないということはその部分は脱毛できないということです。


 

せっかくお金を払って脱毛をするのですから、できるだけ多くレーザーを当ててもらいたいと思うのは当然のこと。
損をした気分でがっかりしましたが、次回からは事前処理は無理をせずハサミで短く切る程度にしておこう、と固く心に誓ったのでした。

 

 

ハイジニーナのお手入れ手順

ワキとVラインだけは完了コースですでに3回お手入れしているのですが、
お手入れの時の格好はハイジニーナでも変わりません。

 

お風呂上りにタオルを巻くような感じの服に着替えて、下は紙パンツを履きます。

 

お手入れはまずヒップ奥(Oライン)から始まりました。
いきなり後ろか、と少々戸惑いましたが、少し足を広げながらうつぶせに寝ると、
「ではまくりますね」と店員さんが手際よく紙パンツを下げて「少し処理しますね」と言って
シェーバーでOラインの毛を剃り始めました。

 

ほぼ見えないうえに難しいところなので事前処理は無理しなくていいと言われていたので、
心の中ではなんだか申し訳ないやら恥ずかしいやらといった気持ちでいっぱいになりながらも
店員さんに身を預けるしかありません。もうまな板の上の鯉状態です。

 

自分が今どんな状態かを考えるとすごく恥ずかしい気分なので、
お手入れしてもらっている間は仕事のこととか部屋の掃除の手順とか、
できるだけ関係ないことを考えてすごしました。

 

ただものすごく感心したのは、店員さんの手際が本当にいい!流れるようにサクサクと進めてくれるので、
こちらの不安はどんどん軽くなっていきます。

 

恥ずかしいとか申し訳ないとか考える必要はないのです。
もちろんあちらもプロですから、こちらが思っているほどじろじろ見たりするわけはありません。

 

また「処理をします」「ジェルを塗ります」「光を当てます」「お冷やしをします」と
すべての工程を説明してくれるのも安心でした。

 

その後仰向けに寝てへそ下とVライン上、そしてトライアングルゾーンとVライン、
最後にIラインをお手入れしてもらってすべて終了するまで1時間。

拍子抜けしてしまうほどあっという間でした。

 

 

1回目のハイジニーナ、その後

ミュゼプラチナム渋谷アネックス店で一回目のハイジニーナ7のお手入れを受けてから1週間が過ぎました。
1週間もすると、お手入れしたところにも少しずつ毛が伸びてきて、例えると坊主頭くらいの長さにはなっています。

 

毛量を減らすために全部毛を剃ってしまったので、毛のない状態に初めは違和感たっぷりでしたが、
少し伸びてきていることもあってかだいぶ慣れてきました。

 

お店の方も言っていましたが、毛はある程度クッションの役割もしていたみたいです。
男性とは違うのでよほど勢いよくぶつけない限り痛いようなこともないのですが、
ちょっとぶつけただけでもダイレクトに感覚が伝わってきます。

 

そしてお手入れから1週間過ぎた頃から、少しずつ毛が抜けてきました。

 

10日も過ぎるともう、抜けるというよりは取れるという方のが近いくらい、
少し指でつまんだだけでポロポロと毛が抜けてきます。

 

デリケートゾーンの毛は太いため、抜けているのがハッキリ分かって、効果を実感できます。
どんどん毛の量は少なくなって、お手入れ前の2割くらいの毛量になってしまいました。

 

毛の量が少なくなってよかったことは、まずは何と言っても生理が楽になったことです。
経血の出方が毛のあった頃と少し変わったように思いますが、それに慣れてしまえばムレもないし手入れもラク、
すぐに清潔にできるのでニオイが気になる人にも安心だと思います。
もともとハイジニーナとは「衛生」という意味があるらしいですが、まさにその通りです。

 

また毛のあった頃は、下着にはさまって毛が引っぱられてしまうことがたまにあったのですが、
そんな心配もなくなりました。
気分的にもなんだか身軽になった感じ。これはお手入れして正解でした。

 

また1か月もたてば次第に伸びてきてしまうのでしょうが、お手入れを続けてこの身軽さをキープしたいです。

 

 

ミュゼは本当に予約が取りにくいか?

これまでワキとVラインの完了コースを契約していたところにハイジニーナ7コース4回分を追加契約しました。
ワキとVラインだけだとお手入れ時間はトータルで20分程度しかかかりません。
しかしさすがにハイジニーナの場合はVラインを含めた7か所とワキの計8か所をお手入れするのと、事前処理に時間がかかる分、時間はかかります。
それでもトータルで1時間程度です。

 

お手入れ時間が長くなった分予約が取りにくくなるのではと少し心配しましたが、
さほど影響はありませんでした。

 

実はミュゼの場合は予約を取る時にちょっとしたコツがあるのです。
よくミュゼは予約がとりにくいという声を耳にします。
ですが私はそうは思いません。

 

ミュゼは他の脱毛サロンと比べて、店舗数が非常に多いのが特徴です。
それを利用するのです。

 

ミュゼではどの店舗でも予約を取ることができます。
たとえば私の場合、この前は渋谷アネックス店に行きましたが、その前は表参道店でした。
渋谷には3店舗もあります。
地域にもよるかと思いますが、できるだけ店舗の範囲を広げて予約を取ることをお勧めします。

 

それとWEBから自由に予約変更ができるのもミュゼのいいところです。
次回予約はどこでもいいのでとりあえず取っておくことをお勧めします。

 

ミュゼは自由に何度も予約変更ができるので、他の人のキャンセルがでやすいのです。
それは言いかえると空きが出やすいということになるので、こまめにWEBを見るようにすることによって
最終的には希望の日時に予約できる可能性が高いのです。

 

その時に複数店舗で調べるとより希望に近づきます。
ワキとVラインだけであれば仕事の合間などでもできてしまいそうです。

 

また、私はミュゼの予約を入れたついでにその近くでショッピングをする予定を立てたり、
柔軟に考えるようにしています。


 

私は別の脱毛サロンにも通っているのですが、店舗数が少なかったり予約変更に制限があったりするので、
むしろミュゼの方がストレスなく希望通りの予約を取ることができています。

 

 

ミュゼプラチナムのスタッフの方々

私は他の脱毛サロンと並行してミュゼに通っているのですが、ミュゼの店舗はどこへいってもキレイで、
店員の方もとても丁寧に接してくださるのでとても気に入っています。

 

契約してない別のコースの案内などもしてくれますが、
「こんなコースもあるのでよかったら」といったくらいでしつこい勧誘などもないのが好印象です。

 

先日初めてのハイジニーナのお手入れで渋谷アネックス店に行ったのですが、
その時担当していただいたスタッフの方はとても感じのいい方でした。

 

ハイジニーナのお手入れはスタッフの方が女性とはいえ、初めのうちは恥ずかしさがあるのですが、
スタッフの方はこちらが恥ずかしくなる間も与えないほどてきぱきと動いてくれます。

 

そして何をどうされるのか分からずに不安になりそうなところを、今からどこをどのように処理するのかなど
説明しながら進めてくれるので、見えないところも安心して任せることができました。

 

ハイジニーナ7コースはトータルで1時間ほどかかるのですが、時間がたって少しずつこちらが状況に慣れてくると、
スタッフさん自身のハイジニーナ処理の経験や伸びてきた時の処理の仕方など、
気になっていることを教えてもらいながら進めることができました。

 

この時に教えてもらう情報がけっこう貴重です。
トライアングルゾーンは他のみなさんはどうしているのか?
全部毛をなくしてしまう人はどのくらいの割合でいるのか?

ハッキリ言って別に毛は必要ないと言って全部毛をなくしてしまう人も最近は結構な割合でいるそうです。

 

他の箇所ならともかく、ハイジニーナの処理を実際にしている方の意見を直接聞けるチャンスはあまりありません。
気になったことはどんどん聞いた方がいいと思います。

 

 

ワキの痛みはあるか?

最初はワキとVラインの完了コースを契約して通っていました。
やはり脱毛サロンのお手入れは痛いのでは?という勝手な考えがあって、今まではどうも通う気にはならなかったのですが、とても低価格でお手入れができて、しかも回数制限なしで通えるということで、お試し感覚で行ってみることにしたのです。

 

初めてのお手入れでは痛みもお手入れの仕方も未知のことばかりで緊張しました。
事前のカウンセリングでも「パチンと輪ゴムを弾いたようなお痛みがあるかもしれません」と言われていましたが、
その「パチンと輪ゴムを弾いたような痛み」がどの程度のものなのかイメージできずにいました。


 

お手入れは冷たいジェルを塗ってもらってから光を当てていきます。
初めの1回で「お痛みはございますか?」とスタッフの方に聞かれます。

 

少しパチンと爪で弾いたくらいの刺激はありますが、痛みというほどではなかったので
「大丈夫です」と答えるとそこから4回くらい光を当てていきます。

 

まだ痛くないけどここから痛くなるのかもしれない、などと覚悟していたら「はい、右側はおしまいです。次左側に当てていきます」と。
おしまい?まだ5回くらいしか光当ててないけれど…と思ったのですが、実際それでおしまいなのです。

 

その後ジェルをふき取って冷やしたタオルをあてて最後に保湿ローションを塗っておしまい。
それを左右やってもお手入れにかかる時間は10分くらいです。
結局最後まで痛みらしい痛みはありませんでした。

 

それから今までもう4回通っているのですが、通うたびに毛が細くなってきました。
太いものでも最初の半分くらいの太さです。

 

毛が細くなると光を当てた時の刺激はますます少なくなってきます。
もはや「ただ光を当てているだけ」くらいの感覚です。

 

もちろん感覚なので個人差はあるのでしょうが、私は痛みはありませんでした。
こんなことならもっと早くから通うんだったと後悔しているくらいです。

 

 

ミュゼのワキ脱毛の効果

2週間ほどしてからぽろぽろと抜けてきました。

 

お店のスタッフの方に「2週間くらいしたら指で毛をつまんで引っ張ってみてください、楽しいですよ」と言われていたので、お風呂の中で試してみると、きゅっとワインの栓を抜くような感じでスムーズに毛が抜けました。

 

皮膚が引っ張られるような感覚もなく、スポッと抜けます。
それでもすべての毛が抜けるまではいかず、3割くらい残った状態でした。

 

2回目になると、同じようにお手入れから2週間ほどしてぽろぽろと毛が抜けてくるのですが、
ほとんどすべての毛が抜けてしまってツルツルになりました

 

それでもしばらくするとまた伸びてきてしまうのですが、確実に伸びるスピードが落ちています。
脱毛を始める前までは、ほとんど毎日T字カミソリで剃って手入れしていたのですが、
それが週に一回程度のお手入れで十分なくらいになっていました。

 

3回目にはさらに伸びてくるスピードが遅くなってきて、量もだいぶ減ってきました。
お手入れ前と比べても半分以下くらいに見えます。

 

お手入れ間隔も伸びた分、ムダ毛処理に割く時間がかなり減って、
今までの毎日のお手入れがウソのようです。
このムダ毛処理の時間はけっこう面倒なのです。

 

4回目では伸びてくる毛がかなり細くなって、お手入れから1週間たったくらいで伸びた毛が抜けてきました。
それも気が付いたらほとんど抜けてしまっていたといった状況でした。
おそらく毛が細く柔らかくなった分、より抜けやすくなったのだと思います。

 

伸びてきた毛をスポッと抜くのは2ヶ月に一度のひそかな楽しみとなっていたので、
毛が少なくなってきたのをちょっと物足りないとまで思ってしまいました。

 

以前は毎日剃らないとすぐに黒くぽつっと毛が伸びてきてしまっていたのが、
今ではワキの手入れのことをほとんど忘れているくらいです。

 

関連ページ

ミュゼvio脱毛の痛みにあなたは何秒耐えられる?【読んではいけない体験レポ】
ミュゼのハイジニーナ脱毛は痛いと聞きますが、実際のところどうなのでしょうか?ミュゼのVIOを体験した方のレポートをお届けします。
ミュゼ新宿の口コミ体験レビュー!
ミュゼ新宿で脱毛しました。体験レビューとしてまとめてみます。
ミュゼ【脇+VIO脱毛】体験レポート!
ミュゼでV・I・Oをさらけ出すことが、ものすごく恥ずかしかったですが、思い切って脱毛してよかったと思っています。そんな私の体験レポートを読んで下さい。
ミュゼ山形店の口コミ体験レビュー!
ミュゼ山形店の口コミはどうよ?効果はあった?自ら体験してきたミュゼ山形店の体験レポートをお届けします。
ミュゼの背中脱毛口コミ体験レポート!
ミュゼで背中の脱毛をしましたので、その体験談を口コミレビューします。
未成年でも通えた!ミュゼの脇脱毛体験レポート!
ミュゼに通い始めた当時未成年だった私が脇脱毛完了コースを体験しています。効果はあったのか?痛みはあったのか?などの感想を綴ります。
ミュゼ仙台での脇脱毛体験レポート!
ミュゼのグラン仙台駅前店でワキ脱毛しているユキナです。脱毛効果、痛み、勧誘、予約の取りやすさなどを中心に体験レポートを綴ります。

このページの先頭へ戻る